Pithiviers / ピティビエ

フランス王シャルル9世がピティビエ(町名)で振る舞われたとされる
車輪の模様が特徴の、大きなパイ。

1月の祝日に食べられるガレット・デ・ロワと似ていますが、
いくつかの相違点があります。

まず、パイはガレット・デ・ロワはなるべくペタンコに焼きあげるのに対し
ピティビエはそのまま焼くためガレットより高さがあり、
中のクリームも、ガレットはクレームダマンド(アーモンドのクリーム)と
パティシエール(カスタードクリーム)を合わせたものであるのに対し
ピティビエはダマンドだけをたっぷり挟むなど、少しずつ違いはあります。

ただし、焼き方や模様、クリームについては実際のところお店によって色々なので
現代ではほぼ、
「フェーヴを入れて1月に焼くピティヴィエを、特別にガレット・デ・ロワと呼ぶ」
というイメージが強いお菓子ですね。

ご自宅では温めなおしてお召し上がりいただくと
より一層美味しくお召し上がりいただけるかと思います。

紙製の王冠をおつけします。
中に入っているフェーヴが当たった人に王冠を被り
その1年、いいことが起こるとされています。
安全のためフェーヴはアーモンドに置き換えさせていただきますが
ご希望であれば、フェーヴを別途おつけいたします。

オーダー時のチョイスは下記の通りです。
A:紙製王冠付き・フェーヴなし
B:紙製王冠付き・フェーヴあり(ガレット・デ・ロワシリーズ)
以上よりチョイスしてください。


【賞味期限】製造日から3日 ※到着日ではございません

【注意】
・配達希望日指定が可能ですが、配達希望日によってはご希望に添えられない場合もございます。
 その場合は受注メール時にお伝えさせていただきます。
・焼成後すぐに発送させていただきたいので、他のお菓子を同梱することはお断りする場合がございます。(1〜2種類であれば大丈夫です)


【商品内容】5号 直径約15cmサイズ(およそ6カット分)
型番 Pithivers
販売価格 3,024円(税224円)
購入数

お選びください。


About the owner

patissiere Kyoko

雑貨とお菓子が大好きなパティシエールです。 一児の母でもあります。

Top